産後いつから骨盤矯正をやればいいのか?徹底解説!

産後の骨盤矯正はいつから始めればいいのか悩む方も多いのではないでしょうか。今回は骨盤ベルトと骨盤矯正のタイミングについて紹介します。

まずざっくり結論を言うと
・産後1ヶ月以内はベルト固定のみにする
・ベルトは締めすぎない
・1ヶ月検診後に骨盤矯正をする
・帝王切開でも同じ

では詳細を見ていきましょう。

産後は腰痛になったり体型なんかも気になるところ。骨盤矯正はいつから始めればよいのか?

産後は腰痛になったり体型なんかも気になるところ。骨盤矯正はいつから始めればよいのか?

出産で骨盤に起こる問題

妊娠と出産は骨盤に問題を起こしやすいため骨盤矯正をしておくタイミングです。出産時に赤ちゃんが骨盤を通過してくるため、大きな負荷がかかります。この衝撃は外傷のようなもの。この衝撃により骨盤がゆがんだままロックされている可能性があります。たとえば網戸が若干レールから外れ動かなくなった経験はありませんか?骨盤も同様に出産では大きな力がかかり、ゆがんだままロックされ動かなくなってしまいます。

出産直後は骨盤ベルトで固定

なるべく早めに骨盤を矯正したいところだが、ここで1つ注意しなくればいけません。産後1ヶ月以内は「トコちゃんベルト」のようなもので固定しとくだけがよいということです。なぜなら出産による骨盤内の筋肉組織の損傷が残っているためまずは先にそちらを治さなくてはいけません。したがって出産前には骨盤ベルトを用意しておきましょう。巻く時はくれぐれも「閉めよう」と思ってきつく巻かないこと!きつく巻くことで新たな歪みを作ってしまう事もあるからだです。巻いてみてしびれがでたり、翌日筋肉が張ったりしていたらそれは少し緩めた方がいいでしょう。ぐらつかないようにホールドしておくだけで充分です。

骨盤ベルトの巻き方はこちらを参照してください。

骨盤矯正は産後の柔らかいうちにしたほうがいいんじゃないの?

よく「産後骨盤が柔らかいうちに可能な限り早く骨盤矯正を!!」というのを見かけるが、骨盤が柔らかければ骨盤矯正はしません。骨盤矯正が必要なのは骨盤が歪んだり、開いたりしたままロックされる(固まる)場合です。つまり柔らかいのに力をかけて矯正する必要はなく、柔らかい骨盤なら放っておいても歪みは自然と適度な形に戻るのです。「また柔らかいうちなら、とことん閉めて小さくしよう」とも考えがちだが、骨盤が動く幅はわずか2~5ミリ程度。柔らかければたとえたくさん動いたとしてもゴムボールを押した時のように元に戻るでしょう。

柔らか過ぎて起きる問題もあります。詳しくは『なぜゆるむ??骨盤隔膜のユルユル、ダルダル』を参照して下さい。このような場合はベルトでぐらつかないよう固定しとくのが正解。つまり産後1ヶ月以内はまず固定し、1ヶ月検診を済ませてから骨盤矯正を受けるのが理想です。

帝王切開の場合、骨盤矯正はいつからやるのか?

帝王切開でも産道の組織の損傷はないが、お腹を切っているためやはり最初の1ヶ月は固定だけが望ましい。つまり帝王切開でも骨盤矯正は出産1ヶ月後からです。1ヶ月検診では傷の状態が問題ないかを確認してもらいましょう。

まとめ

もう一度、重要なポイントをおさらいしておきます。

①出産直後はベルトで固定する。(出産前にはベルトを用意)
②1ヶ月検診後から骨盤矯正を受ける。
③骨盤のロックがなく、柔らかければ矯正の必要はない。

③の「ロックがあるか柔らかいか」本人ではわからないため、判断は骨盤矯正をする術者によります。したがって必要ない骨盤矯正を勧められないよう信頼できる治療院を選ぶようにしましょう。今や20年前と違い、いろいろな産後ケアの方法があります。ママになったからといって自分の体型や健康を犠牲にせず有意義な生活を送ってほしいものです。

誰かの役に立ちそうならシェアお願いします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

小松 ごろう

ココから整体代表 / 柔道整復師 / メディカルトレーナー  フランスのカリキュラムを修了し、骨盤が関係する痛み、泌尿器、婦人科の問題に特化した施術をスタートさせた。(Nicette Sergueef;小児オステオパシーコース修了、Dr. Jérôme BAPTESTE(仏);泌尿・生殖(膀 胱、子宮、卵巣、卵管、前立腺)コース修了) また妊娠中の痛み、逆子、産後の腰痛、恥骨痛、尿漏れなど産科的な問題も研究し、長野県立こども病院では骨盤と泌尿生殖の専門家として『出産後ケア』の講習会などを行った。