セミナーや教室を一緒に行うパートナーを募集しています。

こんにちは。今回はココから整体が行っているセミナー活動に共感し、一緒に活動して頂ける身体の専門家の方を募集します。

今まで、解剖学の先生、セラピストさん、ピラティスやヨガのインストラクターさん、トレーナーさん、看護師さん、助産師さん、栄養士さん、などの方々と一緒にセミナーや教室を創りました。

あなたが身体のプロとして仕事をしているなら、もしくは、これから始めようと思っているのなら講師の活動を通して、セルフブランディングにもお役立て下さい。専門家として認知され、多くの方々と信頼関係を築く事もできます。また、専門家同士でコミュニケーションをとり情報交換もできるので自身も学びの機会となります。
興味のある方は、お気軽にご連絡下さい。

 

 

緯、

なぜパートナーを募集しているのかというと、私一人では数多くの教室、セミナーを行うことができないからです。またあなたが講師になれば、新しいニーズに応える事ができるためです。

 

セミナーをする理由

もがこの先も健康に過ごしたい、穏やかに暮らしたい、そう思っているでしょう。家族に迷惑はかけたくない。たくさんの注射や薬を飲みたくない。手術を受けたくない。そう思うかもしれません。

そのために必要な事をどれだけ知っているでしょうか?

なぜ体が壊れるのか?
どうやれば防ぐ事ができるか?

康に暮らすためには
体に関する基本的な事を教養として知っておくべきだと考えています。それをわかりやすい形で伝えていくためにこの活動を行っているのです。

例えば、車の整備士が友達にいて車の正しい扱い方、運転のコツ、メンテナンスの仕方、どうすれば壊れず乗り続けられるか、そんな事をいつも教えてくれたら、どうでしょうか。きっと車の寿命は延びるでしょう。

人の体も同じです。私たちが、体の正しい取り扱い方をたくさんの方々へ伝えていけばきっと健康が長く続くはずです。

フランスの事例
フランスでは出生率を上げるために国民全体にある教育をしました。それは妊娠、産後の体についてです。正しい知識とトラブルの予防法、女性の体を守るための教育をしました。それが浸透した結果、出生率は改善され先進国の中でもトップクラスです。

 

身体のトラブルで何かを制限される人生になるか、それとも健康な人生を歩めるか、その違いは…

体への理解、知識、教育こそが決定的な要素なのです。

そのためには、解剖学、生理学、栄養学、生体力学などを多くの方に伝えていかなければなりません。ただし、それは難しくなってはいけません。誰でもわかる形でわかりやすくする必要があります。池上彰さんはあんなに難しい政治の話をわかりやすく解説していますから、身体の話もわかりやすく解説するのは可能です。

 

予防する人が1人でも増えればいいと思いませんか?

私たちは、誰でも安く簡単に充実した医療を受けることができる素晴らしい国に住んでいます。しかし一方でそれに甘えてしまうこともあると思います。つまり病気にならないように予防していくことを怠ってしまいがちなのです。病院に行って「医者なんだから直せ!」というクレームを言う「モンスターペイシェント」という人も増えているようですね。でも仕方ないことです。自分で自分の体を守っていく意識が無ければそう思ってしまうのも当然でしょう。ですから、体に関する基本的な事は教養として知っておくべきだと考え、セミナー活動を行っています。

そして私たちはセミナーや教室を一緒に行うパートナーを募集しています。同じような志のある方、興味のある方は、お気軽にご連絡下さい。

 

 

 

こんな方にオススメ!

  • この活動をする理念に共鳴して頂ける方
  • ご自身の勉強してきた専門分野で誰かを幸せにしたいという情熱のある方
  • 他のスペシャリストと交流を持ちたい方
  • セミナーを通して潜在顧客と信頼関係を作っていきたい方

 

コンセプト  Concept


  • ネット、テレビ、雑誌では得られない情報を提供する
  • 学びの機会を提供する
  • 専門家だけが知っていた知識を、誰でもわかるように伝える
  • 行動できるようにサポートする

 

 

過去の活動  Achievements


  • 妊婦さん向けの骨盤教室
  • 出産後のケア教室
  • 腰痛教室
  • 筋膜のヒミツ勉強会
  • 周産期の解剖学
  • 医療関係者向け産科ケア講習会
  • 体をよくする体操教室
  • 泌尿器講座 トイレの悩みを解消!3つの習慣

 

一緒にやってみたい方、詳しく話を聞きたい方はご連絡ください。


誰かの役に立ちそうならシェアお願いします。

ABOUTこの記事をかいた人

小松 ごろう

ココから整体代表 / 柔道整復師 / メディカルトレーナー  フランスのカリキュラムを修了し、骨盤が関係する痛み、泌尿器、婦人科の問題に特化した施術をスタートさせた。(Nicette Sergueef;小児オステオパシーコース修了、Dr. Jérôme BAPTESTE(仏);泌尿・生殖(膀 胱、子宮、卵巣、卵管、前立腺)コース修了) また妊娠中の痛み、逆子、産後の腰痛、恥骨痛、尿漏れなど産科的な問題も研究し、長野県立こども病院では骨盤と泌尿生殖の専門家として『出産後ケア』の講習会などを行った。