腰痛にならないように赤ちゃんを抱っこするコツ

抱っこ写真まだ小さな赤ちゃんだと、ねんねの状態から抱き上げるときや、降ろしたりすることの繰り返しの毎日。
でもそれは腰が痛いママにとって相当つらいでしょう。できることなら赤ちゃんの気のすむまでだっこしてあげたい気持ちから無理をすると致命傷になりかねません。

腰痛を起こさずに赤ちゃんを抱っこするコツ

ポイントは骨盤を前傾し腰にゆるやかな前カーブをつくって、その前カーブを維持しながら抱き上げたり降ろしたりをすることです。
人間の背骨には生理的なs字状のカーブがあります。

背骨S字カーブ

このS字カーブは2足歩行生活において腰への負担が最小限になるようにデザインされた自然のカーブです。生理的な腰のカーブは前にアーチを作っています。また骨盤の前傾することで安定性が強化されます。※骨盤の前傾については妊婦さんにとって骨盤の前傾が大切な2つの理由を参照してください。

腰の前カーブ

つまりS字を保って抱っこすることで腰への負担を最小限にすることができます。もう一度繰り返しますが、骨盤を軽く前傾し腰にゆるやかな前カーブをつくって、その前カーブを維持しながら抱き上げたり降ろしたりをすることがポイントです。

腰痛抱っこdo腰痛抱っこdont

このようにしても痛みが強い場合はそもそも背骨のアーチがきれいなS字ではなくゆがんでいる可能があります。ゆがんでしまった背骨からS字カーブを取り戻すためにはこちらの記事「ネコ&ラクダ体操」を参照してください。

座って抱っこするときのコツ

座っている時は注意

座る女性腰の前カーブが崩れて一番キケンな時は座っているときです。座っているときは骨盤が自然に後方に傾きます。するとそれにともなって腰の生理的な前カーブが失われ逆に後ろカーブになります。座っていると楽な気がしますが、腰の生理的な前カーブがなくなっているので腰を壊しやすい瞬間でもあります。

ひねる時は更に注意

座って抱きかかえながら授乳することも多いのではないでしょうか?腰の生理的なカーブを失った状態で重さがかかると腰の靭帯を壊しやすくなります。特に腰を壊す動作がさらにひねりを加えた「座って抱っこしながら体幹をねじる」動作です。これはリスクが高いです。腰の前カーブを意識してくれぐれも腰を丸くしないようにしましょう。

産後座ってだっこdo産後座ってだっこdont

座って抱っこするときはタオルを使おう!

だけど座っている間ずっと腰にカーブをつくって維持するのは大変ですよね。腰の前カーブをサポートして姿勢をよくする椅子やクッションなども売られていますが、タオルを代用して姿勢よく座る方法があります。たたんだタオル(クッションでもOK)をお尻の後ろ半分に入れて座ってみてください。

お尻半分タオル

すると前カーブを作るのが楽になりませんか??
クッションやタオルを入れることで骨盤が前におじぎして腰の前カーブが自然と形成されるのです。

腰が丸まって抱っこしている毎日が続くと、関節や靭帯の消耗を繰り返すことになります。腰の前カーブを意識するというちょっとしたことですが、日々のダメージを少なくすることで腰を守ることができるのです。

誰かの役に立ちそうならシェアお願いします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

小松 ごろう

ココから整体代表 / 柔道整復師 / メディカルトレーナー  フランスのカリキュラムを修了し、骨盤が関係する痛み、泌尿器、婦人科の問題に特化した施術をスタートさせた。(Nicette Sergueef;小児オステオパシーコース修了、Dr. Jérôme BAPTESTE(仏);泌尿・生殖(膀 胱、子宮、卵巣、卵管、前立腺)コース修了) また妊娠中の痛み、逆子、産後の腰痛、恥骨痛、尿漏れなど産科的な問題も研究し、長野県立こども病院では骨盤と泌尿生殖の専門家として『出産後ケア』の講習会などを行った。