寝てた→動くたびに腰が痛くなりました。

30代、販売の仕事をしている女性。
動き出しで腰、お尻あたりに痛みが走るようになった。立ったり、座ったりが痛むようです。
特に思い当たるきっかけもなく、朝起きたら痛くなってたとのこと。
私:「何か悪いことしました?」
患:「なにもしてませんよ~」
私:「寝てました?」
患:「そうです、ずっと寝てました」
またこれ?(´・_・`)

寝てたら首の歪みが出た

結論からいうと、首の歪みがあって腰に痛みが走ってました。首の一番上(頚椎1番)の歪みを修正。立ったり座ったりしても痛くなくなりました。実はこの方、高めの枕で寝ていたのです。合っていない枕で長く寝てしまったため、首の歪みが出てしまったのでしょう。でも痛みは首じゃなく腰で起きた。

なぜ首の歪みが腰に?

体は無意識でもバランスを維持しています。これは勝手に神経が姿勢を調節しているから。(だから膝カックンされても転ばす踏みとどまれる)この便利なオートマチック機能を反射(Reflex)と言います。さてこの反射が働かないとどうなるでしょうか?→いつもよりたくさんお酒を飲むと体験できます。※自己責任でm(_ _)m
背骨も普段から反射が働いていて上手くバランスを取ってくれている。(立ち直り反射)Lovett(1905)先生の研究によると、正常な反射が働いている場合では首の一番上の骨が動くと勝手に腰の一番下の骨も同じ方向に動くという。だから首の一番上を調節すると腰の動きも調節される。
Source : Neurosomatic Educators INC.

Source : Neurosomatic Educators INC.

ヒトの体はぜーんぶ、つながって働く1つの個体です。30人31脚で誰かが足をもつれても転ぶのは別の人です。

誰かの役に立ちそうならシェアお願いします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

小松 ごろう

ココから整体代表 / 柔道整復師 / メディカルトレーナー  フランスのカリキュラムを修了し、骨盤が関係する痛み、泌尿器、婦人科の問題に特化した施術をスタートさせた。(Nicette Sergueef;小児オステオパシーコース修了、Dr. Jérôme BAPTESTE(仏);泌尿・生殖(膀 胱、子宮、卵巣、卵管、前立腺)コース修了) また妊娠中の痛み、逆子、産後の腰痛、恥骨痛、尿漏れなど産科的な問題も研究し、長野県立こども病院では骨盤と泌尿生殖の専門家として『出産後ケア』の講習会などを行った。