寝てた→疲労が増えました。

3月は異動とか引越し前ということで、歯医者さんが忙しいらしい。先日も50代歯医者さん勤務の女性が腰に痛みがあり身の危うさを感じて来院しました。調べてみると背骨の中のトンネル内(脊柱管)の循環状態が悪くなっているようです。

●脊柱管
zu出典:恩賜財団済生会-腰部脊柱管狭窄症

なんでかなと思い聞いてみると、

私:「昨日何か悪いことしました?」
患:「なにもしてませんよ~」
私:「寝てました?」
患:「そうです、ずっと寝てました」

それです(´・_・`)

なんで寝てたら背骨の循環が悪くなったのか

体の老廃物を運んでくれる、静脈という管がありますね。この静脈の圧力が低いと流れにくくなり老廃物がはけて行きません。実は寝ているときに、みぞおちより上で静脈の流れは悪くなる。と、いうことは老廃物は溜まりやすいのです。そういえば寝すぎると顔がむくんだりしますよね。

12-5
※HIP(お尻じゃないよ)という点は立ってても寝てても静脈圧は変わらない。

HIPより上は低くなり流れが悪くなる。さらに背骨の静脈は弁がない。弁というのは通常の静脈にある逆流を防止する装置。背骨の中の静脈はそれが備わっていないため、特に流れが停滞しやすい。

長く寝る

背骨の循環悪くなる

背中の緊張

腰に響く

と、寝すぎて脳の疲れは取れたのかもしれませんが背骨は疲れさせてしまったようです。

寝すぎたら、流れを戻すための対処法

静脈の流れをよくして老廃物を追い出すには筋ポンプが一番!もし寝すぎて顔がむくんだり背中や腰が痛くなったりしたら、
①立ったまま走る時みたいに腕を振ってください。(1分)
②大きく伸びをしてください。(20秒)
これを3回繰り返す
この運動とストレッチで背骨にたまった老廃物を追い出してください。

誰かの役に立ちそうならシェアお願いします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

小松 ごろう

松本市で自由診療を行いながら、一般向け、医療関係者向けの講義も行っている。専門科目は骨盤、頭蓋骨、小児筋骨格。 ココから整体代表 / 一般社団法人 長野県ライフコンサルティング協会代表理事 / 柔道整復師 / メディカルトレーナー