膝曲げると痛い~関節半月のズレ~

40代、左膝の痛みが出てしまったという女性。左膝を90°以上深く曲げるともう痛みがあるようです。検査、触診してみると関節半月に問題がありそうな予感です。鎌倉半月

鎌倉銘菓じゃなくってー

膝を曲げると痛い原因

半月板靭帯付着

膝には内側半月、外側半月という2つのクッションがはさまっています。このクッションのおかげで70%ほどの衝撃を吸収してくれているそうな。

通常は膝を曲げていくと外側半月は約12mm、内側半月は6mm後ろにスライドする。(カパンディ関節生理学)

半月板移動

しかしこの方は内側半月の方が後ろにスライドできず、ひっかかります。膝のお皿のゆがみを調整し、内側半月にくっつく靭帯をゆるめると、ちゃんと後ろにスライドできるようになりました。これで曲げても痛くありません。

このように半月板がスムーズに可動しないと痛くなったり、関節内に細かい傷を作ります。そして傷の蓄積が変形性関節症のリスクとなります。膝に繰り返し捻れる力がかかったり、持続的に捻れる力がかかっている人は注意が必要ですね。例えばサッカー、バスケ、野球のピッチャー、バレエダンサーなど膝をねじりそうなスポーツをする人。あとは運動しない人でも長時間足を組んだり、斜め座りなどもよろしくないです。膝周辺をストレッチして柔軟性を保ちましょう。

誰かの役に立ちそうならシェアお願いします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

小松 ごろう

松本市で自由診療を行いながら、一般向け、医療関係者向けの講義も行っている。専門科目は骨盤、頭蓋骨、小児筋骨格。 ココから整体代表 / 一般社団法人 長野県ライフコンサルティング協会代表理事 / 柔道整復師 / メディカルトレーナー