右骨盤の後ろに痛みがある妊娠9ヶ月の女性

妊娠9ヶ月の女性、先週から右の骨盤後面に痛みがあり歩く時に違和感があるとのこと。
妊娠中には、骨盤を直接調整することはほとんどありません。他の部位からバランスを整えていきます。

ほとんどの場合、赤ちゃんが成長してくると子宮は右によってきます。S状結腸を逃げるように右側屈、回旋してきます。そのまま9ヶ月くらいになると胎児の頭部が右の骨盤の底にはまって右骨盤底に圧迫がかかります。

この女性の場合、右を下にして寝ていたようです。よけい子宮が右に傾いたのでしょう。すると右のお尻あたりに違和感を感じ股関節が動きにくくなります。しばらく左を下にして眠ってもらい様子をみます。

誰かの役に立ちそうならシェアお願いします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

小松 ごろう

ココから整体代表 / 柔道整復師 / メディカルトレーナー  フランスのカリキュラムを修了し、骨盤が関係する痛み、泌尿器、婦人科の問題に特化した施術をスタートさせた。(Nicette Sergueef;小児オステオパシーコース修了、Dr. Jérôme BAPTESTE(仏);泌尿・生殖(膀 胱、子宮、卵巣、卵管、前立腺)コース修了) また妊娠中の痛み、逆子、産後の腰痛、恥骨痛、尿漏れなど産科的な問題も研究し、長野県立こども病院では骨盤と泌尿生殖の専門家として『出産後ケア』の講習会などを行った。