自然に水をひかせる方法は?

質問を受けました。
「先日質問したものです。恐れていた半月板損傷ではありませんでした。痛みは随分収まってきましたが、無理をすると翌日膝が腫れています。自然に膝の水を引かせる方法はありませんか?」

回答
半月板の損傷がなくてよかったですね。さて、
>「自然に膝の水を引かせる方法はありませんか?」
という質問ですが、方法は2つです。
①サポーターや弾力のある包帯で軽く圧迫する。
②10分ほど保冷剤などで冷やす  
これで膝に溜まった水は除去されてくるでしょう。

しかし、
>「無理をすると翌日膝が腫れています。」
ということなので、部活ではテーピングやサポーターでガチガチに固めて動きを制限して下さい。先ほどのサポーターは圧迫用(膝の水とる用)でしたが、部活の時はガチガチにする用なのでより動きが固くなるタイプのものです。これは部活対策なので運動後、日常生活では固定を外して下さいね。

でもなぜ左の膝だけこうなってしまうかわかりますか?それは体のどこかで軸が崩れて左膝の負担になっているからです。それをきちっと解決しなければ息子さんの左膝は再び故障してしまいます。大人になって苦しんでいる方はたくさんいますので、ぜひ適切なケアを受けさせてあげて下さい。

誰かの役に立ちそうならシェアお願いします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

小松 ごろう

ココから整体代表 / 柔道整復師 / メディカルトレーナー  フランスのカリキュラムを修了し、骨盤が関係する痛み、泌尿器、婦人科の問題に特化した施術をスタートさせた。(Nicette Sergueef;小児オステオパシーコース修了、Dr. Jérôme BAPTESTE(仏);泌尿・生殖(膀 胱、子宮、卵巣、卵管、前立腺)コース修了) また妊娠中の痛み、逆子、産後の腰痛、恥骨痛、尿漏れなど産科的な問題も研究し、長野県立こども病院では骨盤と泌尿生殖の専門家として『出産後ケア』の講習会などを行った。