体を左にねじるとお尻の痛み~咳?いや、笑いすぎ?~

今日来た会社員の女性は、メンテナンス通院でいつも通っていただいている方です。
よく肩を丸くするクセがあり、腰も悪くする方なのでそのへんを診ていました。

背骨を検査してみますと、真ん中あたりから左にねじる動作が硬く、制限があります。
最終可動域では左の骨盤の後ろに痛みが響くとのこと。

いつも右の肩甲骨が硬いので、鎖骨から肩甲骨まで緩めてみましたが、あまり寛解せず。
もう一度全体の検査と触診をしてみるとお腹、あばら骨あたりに悪いものがありそうです。
ここのバランスを調整すると、可動は回復し痛みも響かなくなりました。

原因は右肩が内側に入ったまま咳か、くしゃみか、何か強く息をはいたことが考えられます。
右の肩甲骨を下にして寝ることにより胸腔容積が減少し、胸腔内の陰圧が低下します。
この時に横隔膜の緊張は低下し、拮抗する腹横筋も緊張度を低下させてバランスを取ろうとします。
しかし今回の場合、右の腹横筋が異常に緊張してしまったことによりバランスを失ってしまった。
右下で寝ていて咳き込んだか、夢で大笑いしたか、、、

誰かの役に立ちそうならシェアお願いします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

小松 ごろう

ココから整体代表 / 柔道整復師 / メディカルトレーナー  フランスのカリキュラムを修了し、骨盤が関係する痛み、泌尿器、婦人科の問題に特化した施術をスタートさせた。(Nicette Sergueef;小児オステオパシーコース修了、Dr. Jérôme BAPTESTE(仏);泌尿・生殖(膀 胱、子宮、卵巣、卵管、前立腺)コース修了) また妊娠中の痛み、逆子、産後の腰痛、恥骨痛、尿漏れなど産科的な問題も研究し、長野県立こども病院では骨盤と泌尿生殖の専門家として『出産後ケア』の講習会などを行った。