水分2%減った結果~痛い、かゆい、むくむ~

私は施術後にお茶を提供しています。最近はストロベリーの紅茶です。(妊婦さんはノンカフェインのお茶です)施術後にお茶を飲むのには意味があります。本当は500ml~1,000mlくらいの水を飲んで欲しいです。

体のゆがんでいたところは、骨だけではなく関節の膜や筋肉、周辺にいる細胞もすべてがゆがみを起こしています。このようにゆがんだ場所は水の流れ(体液循環)が悪くなると言われています。つまりそこで流れが滞っているのです。

流れが悪く水が足りないところは、
■酸素が足りなくなって痛みが出る
■むくむ
■ぶよぶよした手触りになる
■毒素が溜まる
■かゆみ成分(ヒスタミン)が増える→意外でしょ!?

ゆがみが解消されると流れ方も正常になりますので、そのタイミングで水分摂取をしっかりとったほうが効果が高いのです。※ただし心臓、腎臓が弱い人は注意が必要。

まずは水分(ビールは含まれないw)摂取だけでも毎日コツコツやっとけば調子がよくなるかもしれません。

誰かの役に立ちそうならシェアお願いします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

小松 ごろう

ココから整体代表 / 柔道整復師 / メディカルトレーナー  フランスのカリキュラムを修了し、骨盤が関係する痛み、泌尿器、婦人科の問題に特化した施術をスタートさせた。(Nicette Sergueef;小児オステオパシーコース修了、Dr. Jérôme BAPTESTE(仏);泌尿・生殖(膀 胱、子宮、卵巣、卵管、前立腺)コース修了) また妊娠中の痛み、逆子、産後の腰痛、恥骨痛、尿漏れなど産科的な問題も研究し、長野県立こども病院では骨盤と泌尿生殖の専門家として『出産後ケア』の講習会などを行った。