急ブレーキとシートベルトのせいで首痛くなったって話

突然ですが皆さんはヘッドレスト(Head rest)って頭(head)を休ませる(rest)じゃなくて、
頭(head)を拘束する(restraint)の略だって知ってました?

私はつい先日、初めて知りました。

あと、つい先日ジャニーさんとメリーさんとジュリーさんの関係も初めて知りました。

それはそうと

少し前に来た患者さんでこんな方がいました。立ち仕事をしている会社員の20代女性Aさん。

☑右の首が痛い
☑上を向くと痛い
☑右向くと痛い
☑右腕がだるい
☑寝違えかと思ったけど4週間も続いている

寝違えみたいな症状でそのうち治るかなーと思ってたけど、よくならなかったようです。

検査してみると神経が…

頚椎(けいつい)という首の骨をチェックしてみましたが、異常はなし。続いて神経をチェックしてみるとこれは問題がありそう。腕の方から神経が引っ張られています。これは何か大きな衝撃がかかったような感じになっていました。気になったので、

ごろう
ここ2ヶ月以内に、事故ったり、ジェットコースター乗ったり、こけたりしました?
A さん
急ブレーキをかけた事はありました。

うむ、これかもね。

治療としては神経の引っ張りを取る方針で進めました。主に右手と肋骨(あばら骨)の調整をすると改善されました。

なぜ首が痛いのに、手と肋骨の施術が必要だったのでしょうか?そして急ブレーキとの関係は?

急ブレーキをかけると

まず急に車にブレーキをかけると体が前に持っていかれます。しかしシートベルトがロックされるので、体はシートを離れません。
ムチウチ1
しかしシートベルトでロックされるのは右肩から左腰のラインだけです。頭や腕はブラブラなのでロックされず前に放り出される力がかかります。頭が前に放り出されると、振り子のように後ろに返ってきます。いわゆるムチウチ損傷です。では腕はどうでしょうか?腕の付け根(肩ら辺)はシートベルトに固定されています。が、腕の先はロックされないので慣性で前に持っていかれます。
ムチウチ2

腕の神経が引っ張られて・・・

右腕は引き伸ばされ、右腕の神経も引っ張られます。この神経の事を腕神経叢(わんしんけいそう)と言います。腕神経叢は首から生えているので、引っ張られることで間接的に首が痛くなります。
ムチウチ3

掃除機のコード引っ張ったみたいになる

掃除機をかけていて遠くまで行った時、コードが引っ張られるとコンセントがスコって抜けますよね?あれもう一回コンセント差しに行くのがスゴいめんどくさいんですよね。

もしくは掃除機をかけ終わった後、電気コードを引っ張ってコンセントを外した事はありませんか?あれやると壊れるんでやめた方がいいですよ。
コンセント
同じような原理が腕神経叢でもあります。
神経も腕の方から引っ張られると付け根まで力が伝わり、首の部分まで引っ張られる力がかかります。すると組織の損傷を起こし、循環障害を起こします。そして痛みとして出てきます。

掃除機のコンセントみたいに簡単には抜けませんが、循環障害が起きて痛くなるのです。(引き抜き損傷と言ってかなり大きな力がかかって引き抜ける事もあります。超重症です。)
ムチウチ4

ほとんどの寝違えもこれ!

僕が臨床的によく診る寝違えはほとんどがこれです。神経を引っ張っちゃってるんです。

変な姿勢で寝ているといつのまにか腕神経叢が引っ張られ、根元の首付近で循環障害を起こす。そして朝起きると痛くて首が動かない。。。

そういえば年末にも友人のお子さんが首が痛いって言って来ましたが、やはり腕神経叢からくる痛みでした。

だから寝違えのときは、腕とか肩をストレッチするとけっこう楽になることが多いんですよ。痛いのを我慢して無理やり首を動かすよりよっぽどいいです。

「ゴッドハンド輝」も言っています。これまでは首の寝違えで首を揉みほぐしていたのですが、まさに目からうろこでした。簡単にできるのでぜひ試してみてください!
出典:漫画「ゴッドハンド輝」で紹介された“寝違えたときの治し方”が本当にスゴい!

 

肋骨(あばら骨)が腕神経叢に影響

ただこの方の場合はさらに治りを遅くしているものがありました。
それが肋骨のゆがみです。
ちょうど急ブレーキ時にシートベルトが食い込む所が肋骨の辺りです。けっこう衝撃があるので問題を残しやすいのです。トヨタの衝突実験によると、なんと首よりも胸の方が衝撃を受けているとのこと。実はシートベルトが食い込む衝撃が一番ダメージがあるんですね。
ムチウチ5
そんなこんなで肋骨に問題を残したままだと、やはり首〜腕の神経は治りにくい。腕神経叢は肋骨付近を通過して腕に向かいます。したがって肋骨のゆがみにより、腕神経叢のルートもゆがみ循環障害を起こしやすくするのです。

交通事故で具合悪くなっても肋骨自体が痛いという事はまれなので、見逃すケースが多いですが何かと不調のタネを作ります。腰痛や自律神経、肩が上がりにくいなどなど。

交通事故やムチウチは首だけの問題ではなく、身体のあらゆる場所の複合的な問題となっていることがほとんどです。

まとめると

  • 急ブレーキでも神経を痛めてしまうことがある。
  • シートベルトが食い込んだところにダメージが多い
  • 寝違えたらゴッドハンド輝(46) (講談社コミックス)を読め。
  • 掃除機のコンセントは引っ張って抜くな。
ということです。

誰かの役に立ちそうならシェアお願いします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

小松 ごろう

ココから整体代表 / 柔道整復師 / メディカルトレーナー  フランスのカリキュラムを修了し、骨盤が関係する痛み、泌尿器、婦人科の問題に特化した施術をスタートさせた。(Nicette Sergueef;小児オステオパシーコース修了、Dr. Jérôme BAPTESTE(仏);泌尿・生殖(膀 胱、子宮、卵巣、卵管、前立腺)コース修了) また妊娠中の痛み、逆子、産後の腰痛、恥骨痛、尿漏れなど産科的な問題も研究し、長野県立こども病院では骨盤と泌尿生殖の専門家として『出産後ケア』の講習会などを行った。