北アメリカ航空宇宙防衛司令部が24日からサンタを追跡するらしい

santa
すごい時代になったもんです。
軍用のレーダーや熱感知器など最新のテクノロジーでサンタクロースの位置を特定する事ができるのです。

これを行っているのがアメリカとカナダ共同の機関、北アメリカ航空宇宙防衛司令部(通称NORAD)です。

さらに北アメリカ航空宇宙防衛司令部(通称NORAD)はサンタを追跡し、現在位置を電話やメールで教えてくれるようです。
イヴの夜12月24日(日本時間7時)から電話やメール(noradtrackssanta@outlook.com)で教えてくれますし、追跡の模様を、ネット上で中継もしています。

実はこれもう50年以上続く恒例行事なんだと。
過去の追跡データからサンタの形跡は複数ではなく1人であり、24日~25日にかけて移動することがわかっています。
試算するとこの期間に全ての子どもにプレゼントを配るには各子どもに0.03秒ほどで回らなければいけない計算になる。したがって各国に代行業者がいるのではないかと予測されてもいますが、世界中を回っていることも確認されているようです。過去のデータ上、まず南太平洋を先に訪問し、次にニュージーランド、オーストラリアの順に回ります。その後、日本に向かって一気に北上し、アジアを巡り、アフリカを横切り、西ヨーロッパ、カナダ、アメリカ合衆国、メキシコ、中央アメリカ、そして南アメリカと進みます。

サンタの現在位置が気になる方はぜひ確認してみてはいかがでしょうか?
電話は国際電話になってしまうので、スカイプかメールで問い合わせてみてください。

こちら↓※12月24日の夕方から追跡開始
http://www.noradsanta.org/

誰かの役に立ちそうならシェアお願いします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

小松 ごろう

ココから整体代表 / 柔道整復師 / メディカルトレーナー  フランスのカリキュラムを修了し、骨盤が関係する痛み、泌尿器、婦人科の問題に特化した施術をスタートさせた。(Nicette Sergueef;小児オステオパシーコース修了、Dr. Jérôme BAPTESTE(仏);泌尿・生殖(膀 胱、子宮、卵巣、卵管、前立腺)コース修了) また妊娠中の痛み、逆子、産後の腰痛、恥骨痛、尿漏れなど産科的な問題も研究し、長野県立こども病院では骨盤と泌尿生殖の専門家として『出産後ケア』の講習会などを行った。