整形なしで目が大きくなった症例(ただし片目だけ)

本日2回目、主婦の方。前回から腰を施療していますが、痛みはなくなり違和感がまだ残っています。ご自身でも体のバランスを気にしているようで、左右で目の大きさが違うとのこと。

目をパチパチさせると、確かに右が小さいです。触診、検査をしてみますと上の歯が埋まっている骨(上顎骨)が右にさがって顔全体が右下がりになっています。これによって右目だけパッチリとしなくなっています。

この方、歯並びが悪く噛み合わせがよろしくありません。噛み合わせがカチッと合わないと、輪郭全体のバランスが崩れます。頭蓋骨は23個の骨が寄木細工のごとくビッシリ結合しています。1つ1つの動きはわずかですが、噛み合わせが悪いと全体的にひずみが生じます。

施療後は右目も大きくなりましたが、噛み合わせ自体をよくしないと戻ってしまうでしょう。今後の課題です。

誰かの役に立ちそうならシェアお願いします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

小松 ごろう

ココから整体代表 / 柔道整復師 / メディカルトレーナー  フランスのカリキュラムを修了し、骨盤が関係する痛み、泌尿器、婦人科の問題に特化した施術をスタートさせた。(Nicette Sergueef;小児オステオパシーコース修了、Dr. Jérôme BAPTESTE(仏);泌尿・生殖(膀 胱、子宮、卵巣、卵管、前立腺)コース修了) また妊娠中の痛み、逆子、産後の腰痛、恥骨痛、尿漏れなど産科的な問題も研究し、長野県立こども病院では骨盤と泌尿生殖の専門家として『出産後ケア』の講習会などを行った。