【ニュース】子どもに原因不明のまひ相次ぐ~エンテロウイルスが検出~

この時期は風邪が流行りますが、風邪にかかってその後手足のまひを起こす子どもが全国で47人相次いで報告されているようです。

現在も原因は不明ということですが、一部から「エンテロウイルスD68」が検出されています。また都内病院でも1ヶ月に20人以上のエンテロウイルス感染者が確認されており、まひとの因果関係の解明が進められています。

1か月間だけで子ども150人がぜんそくに似た症状を訴えて入院し、このうち20人以上から「エンテロウイルスD68」が検出されていたことが分かりました。日本小児科学会は、体のまひが確認された場合には自治体に報告するよう全国の医療機関に求めています。

出典:NHKニュースhttp://www3.nhk.or.jp/news/html/20151029/k10010287371000.html

 

エンテロウイルス

このエンテロウイルスというのはさぞかし危険なヤツかと思いきや、
何てことないよくある風邪ウイルスです。

特に夏から秋にかけて子どもがかかる風邪ウイルスの代表格。手足口病のウイルスとも同じ仲間です。

感染しても発症せず終わることもあるぐらい何てことないウイルスなはずですが
近年はちょっと傾向が違います。

2014年アメリカでエンテロウイルスD68型が重症呼吸器症候群を引き起こす事態が報告されています。またカナダではエンテロウイルスD68型に感染してからまひを起こすケースも報告されています。

対策

さて何を気をつけるかと言うと、
有効な薬やワクチンは無いらしいので、手洗いうがいで予防するしかありません。また発症してから7日間は最もウイルスをばらまく可能性が高い。治ったと思っても1週間はまき散らさない努力が必要です。

喘息の子は注意

アメリカにおいて把握されたエンテロウイルス-D68感染例の大部分はこども。そしてこのこどもたちの多くは喘息であるか、喘鳴の既往があるとのこと。つまり喘息で呼吸器が弱い子どもはかかりやすいということです。

うがい、手洗い、またマスクなどで飛沫防止に心がけましょう。

誰かの役に立ちそうならシェアお願いします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

小松 ごろう

ココから整体代表 / 柔道整復師 / メディカルトレーナー  フランスのカリキュラムを修了し、骨盤が関係する痛み、泌尿器、婦人科の問題に特化した施術をスタートさせた。(Nicette Sergueef;小児オステオパシーコース修了、Dr. Jérôme BAPTESTE(仏);泌尿・生殖(膀 胱、子宮、卵巣、卵管、前立腺)コース修了) また妊娠中の痛み、逆子、産後の腰痛、恥骨痛、尿漏れなど産科的な問題も研究し、長野県立こども病院では骨盤と泌尿生殖の専門家として『出産後ケア』の講習会などを行った。