オステオパシー、それは家族を救いたかった父の想い。

悲しい物語から生まれたもうひとつの医学

オステオパシーの始まりは今から約150年前、
医師である父親(38歳)の物語がきっかけです。

父親の名前はA.T.スティル。彼は医者であり当時は南北戦争の軍医としても活躍しました。

そして戦争は終わり、スティルは・・・

無事に帰ることができました。

彼も家族も喜びました。特に子どもたち。

「パパは戦争から帰ってくるのかな・・・」
「パパとまたあそべるかな・・・」

そんな思いで待っていた子どもたちには嬉しい知らせでした。

これから、平穏な生活が戻るはずだったスティル一家。しかし

悲劇が起こります。彼の家庭に起こった悲劇、それは

子ども3人が当時、流行だった髄膜炎にかかり生死をさまよったのです。

医者であるスティルは当時の医学最善の術を施し、回復を神に祈りました。

しかし、子どもたち3人とも死んでしまったのです。

スティルは嘆き、悲しみ、精神的に崩壊し今で言う「うつ」のような状態になってしまいました。

治る人、そうでない人の違い

時間が彼を少しずつ回復させ、次第にあることを考え始めました。

「髄膜炎から回復した子、医療を尽くしても回復できなかった我が子。何が違うのか。」

医者として最善の医療を行ったにもかかわらず、3人の子どもをなくしてしまった。
一方、治る人もいる。もっと言えば投薬せずとも治る人もいる。

一体何が違うのでしょうか。

スティルにはずっとこのことばかり考えていました。

そしてある仮説を立てます。治る人、そうでない人の違いは・・・

体が自分自身を治そうとする基本的な体力ではないか
つまり自然治癒力ではないか

しかし彼の疑問はまだ続きます。

ではなぜ自然治癒力に差ができるのか?その答えを探るため彼がしたことは

身体の解剖(構造)を観察し始めたのです。彼は医者だったので解剖学を研究することができました。

自然治癒力が高い人、低い人。何か解剖学的な違いはあるのか・・・

その研究の結果、彼はこうのように考察しました。

自然治癒力が低下している人の体内は、
筋肉の緊張、骨格の歪みが慢性化し、血液の流れが停滞が起きている。

筋肉や骨格の仕組みが、健康や疾病に重大な役割を果たす。

スティルはこのコンセプトを基盤に、筋骨格を整える治療を始めました。
これがオステオパシーの誕生です。

スティルが残したこと

彼はオステオパシーというもうひとつの医学を作りました。それはシンプルに言えば、

病気自体でなく人間について観察研究し、身体のよりよく扱いましょう。

このコンセプトをアメリカ医学界に発表し、オステオパシー専門医の養成学校を作りました。
実際の臨床でも、投薬、手術治療では回復しなかった多くの人々を救いました。

そして、スティルはオステオパシー研究を後世に伝承しこの世を去りました。

今では世界50ヵ国の大学や研究機関で研究され続けて発展を遂げています。また世界保健機構(WHO)では2010年にオステオパシーの教育基準を定め、各教育機関では専門職の育成を進めています。

日本ではまだ馴染みがないかもしれません。ですが、
6年前にフランス政府認可のオステオパシー専門校が日本のオステオパシー団体と提携し、東京でも教育を受けることができるようになりました。

そして、11月19日には長野県内初の「オステオパシー入門セミナー」を開催しました。

内科の先生、理学療法の先生、整骨院の先生、それだけでなく、ヨガの先生、ピラティスの先生、運動や体操を指導している先生・・・など様々な方に参加していただきました。

 

 

今年2017年はスティル没後ちょうど100年。

スティルが天国でどう思っているかわかりませんが、

自分の子どもたちを救いたかったA.Tスティルの想いは海を越えて、時代を経て、日本にも浸透し始めています。

今回オステオパシー入門セミナーに集まった参加者は「人の健康を願う」方たちばかりだったからです。(僕も含めて)

誰かの役に立ちそうならシェアお願いします。

ABOUTこの記事をかいた人

小松 ごろう

ココから整体代表 / 柔道整復師 / メディカルトレーナー  フランスのカリキュラムを修了し、骨盤が関係する痛み、泌尿器、婦人科の問題に特化した施術をスタートさせた。(Nicette Sergueef;小児オステオパシーコース修了、Dr. Jérôme BAPTESTE(仏);泌尿・生殖(膀 胱、子宮、卵巣、卵管、前立腺)コース修了) また妊娠中の痛み、逆子、産後の腰痛、恥骨痛、尿漏れなど産科的な問題も研究し、長野県立こども病院では骨盤と泌尿生殖の専門家として『出産後ケア』の講習会などを行った。