その健康法、実は逆効果

うちの女性のスタッフがランチでパスタを注文したんですが、待つこと数分、

「お待たせしましたー!〇〇のパスタ…」

と店長らしき人が元気よく出来上がったパスタを持ってきて、

船場吉兆ささやき女将の如く、

最後に耳元で小声でこう言ったのです。


「大盛りです。」

店長はきっとよかれと思って、
レディに対して周りに聞こえる声で大盛りなんて言ったら恥ずかしいだろうから、小声で言ってあげよう。

そう思ったのでしょうが。

「レディに対して周りに聞こえる声で大盛りなんて言ったら恥ずかしいだろうから、小声で言ってあげよう。」感むき出しで、かえって恥ずかしいんです。


「大盛りです。」

このように、よかれと思ってやったけど、それただの自己満という事はよくあります。

例えば健康法もそう。

よかれと思ってやった体操やエクササイズが逆効果になる事があります。

なぜならその体操やエクササイズは・・・

あなたにとって必要なもの、
そうでないもの

とあるからです。

今のあなたにとって必要ではない事を一生懸命やってしまうと、かえって体を悪くするかもしれません。

あの骨盤アイテムが原因で腰痛に・・・

腰が痛くなってしまった育児中の女性がいました。

「きっと出産で骨盤が開いたから治してほしい!」そう思って相談しに来たのです。

僕はたったひとつだけアドバイスをしました。すると特に骨盤矯正する必要なく痛みは取れました。そのアドバイスというのが、

骨盤マクラをやめること。

数年前、雑誌の付録で骨盤マクラというグッズが流行りました。

それを買ったこの女性は出産後に骨盤マクラを一生懸命に毎日使い続けました。

何でも、それをやると骨盤が閉まって痩せるというような事が書いてあるそうです。

その女性は早く痩せたかったし、何よりも産後から腰が痛くて痛くてしょうがなかっただから、

毎日毎日その骨盤マクラを使いました。

それでも腰の痛みが無くなることはありませんでした。

そこで、「ちゃんとプロの人に骨盤を閉めてもらわなきゃいけない!」そう思って訪ねてきたのです。

しかし、骨盤を閉める必要はありませんでした。

原因は骨盤マクラです。

別に骨盤マクラが悪い商品だという事じゃなくて。ただその女性の体にとって骨盤マクラは不要だったのです。

骨盤をマクラで何か効果を感じる人もいるかもしれませんが、とにかくその女性の体には必要ありませんでした。

不要なことをやり続けると効果が無いばかりか、かえって状態を悪化させるケースもあります。

逆効果になるエクササイズを見分ける方法

何がよくて何が悪いのか・・・それは人によって全く違います。

だから誰かがいいと言った骨盤アイテムもあなたの体にとってはやらない方がいいかもしれない。

芸能人がテレビで勧めていたエクササイズもあなたの体にとってはやらない方がいいかもしれないのです。

では、やった方がいいか、やらない方がいいかってどうやったらわかるのでしょうか?

やろうとしているエクササイズが、
自分の体に合っているか見分ける方法をひとつ紹介しますね。

それは
快適だったらやる。
不快ならやらない。

たったそれだけです。

もし何か体操でもエクササイズでもやってみた時に「なんか気持ちいい」とか「心地よい」そう感じるならやってOKなサインです。

反対に何かやってみた時に「なんか不快」「不快な痛みを感じる」そう思ったなら止めた方がいいです。

体の言うことを聞くのが1番です。

体にとって必要な事をすると「なんか気持ちいい」っていうメッセージを教えてくれます。逆に体にとっていらない事をすると、体はすごく嫌がって「なんか不快」というメッセージを教えてくれるのです。

だから何かエクササイズをやってみた時に感じた「なんか不快」を見逃さないようにしなくちゃいけません。

赤ちゃんが泣き出したら、放っておけないですよね。それは赤ちゃんの「なんか不快」だからです。

同じように体が「なんか不快」を訴えたら、放っておいてはいけません。

そのような不快なエクササイズは体が「いらない」と言っているのでやめた方がよいのです。

いらない事をやり続けるのは、体への迷惑行為です。

あなたもLINEでいらないメッセージばかり送ってくる人がいたら迷惑でしょう?迷惑なLINEなら、ブロックすればもう来なくなりますが、体はそれができません。

体はいつもあなたの心と一緒にいるのでいくら迷惑なエクササイズをされてもあなたをブロックして拒否することはできません。

日々の暮らしを振り返ってみて、あなたはあなたの体に迷惑をかけていませんか?

あなたが信じている健康法は迷惑をかけていませんか?

誰かの役に立ちそうならシェアお願いします。

ABOUTこの記事をかいた人

小松 ごろう

ココから整体代表 / 柔道整復師 / メディカルトレーナー  フランスのカリキュラムを修了し、骨盤が関係する痛み、泌尿器、婦人科の問題に特化した施術をスタートさせた。(Nicette Sergueef;小児オステオパシーコース修了、Dr. Jérôme BAPTESTE(仏);泌尿・生殖(膀 胱、子宮、卵巣、卵管、前立腺)コース修了) また妊娠中の痛み、逆子、産後の腰痛、恥骨痛、尿漏れなど産科的な問題も研究し、長野県立こども病院では骨盤と泌尿生殖の専門家として『出産後ケア』の講習会などを行った。