膝の痛み、むくみ~骨盤内リンパの流れ~

歩いたり、走ったりなにも脚を酷使した記憶はないのに、膝が痛いってことはありませんか?
そんな方の話です。

松本市在住の会社員女性。
2週間前から膝が痛く、むくみもひどいという。

膝の痛み、むくみの症状、特徴

  • 朝起きた時に症状が強い
  • 動いてると症状が少なくなる
  • 足はやや赤くまだらになっていて、触るとパンパン
  • 膝の内側には触ると痛み

検査してみると骨盤内のリンパに引っかかりがあったので、緩めてあげると足の赤みはひいてきて足首もシュッと細くなりました。膝の触ると痛いのもなくなりました。

膝の痛み、むくみの原因

おそらく血液やリンパ液の停滞(流れの滞り)が原因になり症状が出ていたのだと考えられます。

骨盤内のリンパ管は股関節のところにある穴(トンネルみたいなの)に入り膝の後ろを通過して足の方まで下行します。ずっと変な姿勢をとってると、骨盤の歪みと同時にその穴もズレてリンパがブロックされます。この方の場合、症状が出る前あたりからずっと残業が続き座りっぱなしが長かったようです。
2014-07-29
グレイ解剖学 原著第2版

股関節をよく動かしていると予防になり、リンパが流れやすくなります。
ただし股関節をたくさん動かして悪化する場合、感染や婦人系の可能性もありますので注意が必要です。

誰かの役に立ちそうならシェアお願いします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

小松 ごろう

松本市で自由診療を行いながら、一般向け、医療関係者向けの講義も行っている。専門科目は骨盤、頭蓋骨、小児筋骨格。 ココから整体代表 / 一般社団法人 長野県ライフコンサルティング協会代表理事 / 柔道整復師 / メディカルトレーナー