へぇじきに2016年『松本ぼんぼん』だで交通規制のお知らせだいね

8月6日(土)当院は松本ぼんぼんのため通常より短縮して17時までとさせて頂きます。

松本ぼんぼんというのは昭和50年に始まった松本市が誇る奇祭、通称『松ぼん』と呼ばれています。
会社やサークル、学校のクラスなどでつくる「連」と呼ばれるチームを作り、約20分の踊りを7回踊り、10分の休憩を挟みながらコースを周回。盆踊りコンクールなので審査員が各連の踊りをジャッジし、最優秀賞をはじめさまざまな賞を選出するのです。正しい踊り方をしなかったり、マナー違反があるとレッドカードで一発退場になる可能性があります。

市街地では4時間近くずっと松本ぼんぼんの曲を聴くので、その日の夜は脳内で勝手に松本ぼんぼんがリピート再生されるのだ。

2016年松本ぼんぼんの日程詳細

8月6日(土)小雨決行
17:00~交通規制開始
17:33~オープニングセレモニー
17:50~踊り開始
21:07 踊り終了
※計7回踊るが5回目後に結果発表
21:07~21:30 全員清掃
22:00~交通規制解除

交通規制

8月6日(土)松本ぼんぼんが行われている17時~22時まで、この黒で塗られている道路は歩行者天国となっています。

 

松本ぼんぼん歩行者天国とトイレマップ

駐車場はどこ?

歩行者天国エリア内の駐車場では17~22時まで出入りができません。
この時間内に駐車場を利用される方は下記のエリアがお勧めです。詳しくは各駐車場にお問い合わせください。
http://search.ipos-land.jp/p/parklist.aspx?scode=20202&choiki=深志
でも、なるべく公共交通機関で来てくださいね!

臨時列車・バスの運行

8月6日(土)松本ぼんぼん当日は臨時列車の運行があります。

行きの臨時列車

中央東線 篠ノ井線

茅野 15:37 → 松本 16:38
上諏訪 16:58 → 松本 17:39
塩尻 17:09 → 松本 17:27
塩尻 18:13 → 松本 18:31
塩尻 18:28 → 松本 18:45

大糸線

有明 16:10 → 松本 16:42

上高地線

新島々 16:23 → 松本 16:54
新島々 17:42 → 松本 18:13

帰りの臨時列車

中央東線 篠ノ井線

松本 20:18 → 塩尻 20:37
松本 20:52 → 塩尻 21:09
松本 21:23 → 塩尻 21:41
松本 21:36 → 上諏訪 22:13
松本 21:55 → 塩尻 22:13
松本 22:35 → 塩尻 22:53
松本 23:23 → 塩尻 23:40

大糸線

松本 21:35 → 信濃大町 22:34
松本 22:37 → 穂高 23:06
松本 23:37 → 穂高 0:03

上高地線

松本 21:12 → 新島々 21:44
松本 22:32 → 新島々 23:04
松本 23:48 → 新島々 0:18

帰りの際、券売機が混み合います。あらかじめ帰りの切符も買っておくか、往復券を買っておくとスムーズです。

バスの臨時ダイヤ

運休ダイヤ、迂回ダイヤなどもありますので詳しくはこちらをご確認下さい。

トイレはどこ?

  • Mウイング
  • Mウイング駐車場
  • 松本商工会館
  • 花時計公園
  • 西堀公園
  • パルコ前のアイパーク駐車場
  • まつもと市民芸術館

毎年パルコやアリオ、駅ビルにはトイレ渋滞が発生しています。商業施設や、事務所などのトイレを貸してもらえる時は、感謝の気持ちを持ってきれいに使いましょう。
ちなみにココから整体のトイレも僕がいるとき(17:00~19:30)は、使っていただいて結構です。遠慮なく言ってくださいね!

迷子を探すとき

本部に出向くか電話連絡しアナウンスしてもらいましょう。

本部
松本市大手3丁目1 フコク生命ビルの横
臨時電話:0263-32-3326
※17時~22時の間のみ設置

おまけ~松本ぼんぼんの踊り方

踊って楽しむもよし!ビール片手に雰囲気を楽しむのもよし!年に一度のお祭りを楽しみましょう!!

誰かの役に立ちそうならシェアお願いします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

小松 ごろう

ココから整体代表 / 柔道整復師 / メディカルトレーナー  フランスのカリキュラムを修了し、骨盤が関係する痛み、泌尿器、婦人科の問題に特化した施術をスタートさせた。(Nicette Sergueef;小児オステオパシーコース修了、Dr. Jérôme BAPTESTE(仏);泌尿・生殖(膀 胱、子宮、卵巣、卵管、前立腺)コース修了) また妊娠中の痛み、逆子、産後の腰痛、恥骨痛、尿漏れなど産科的な問題も研究し、長野県立こども病院では骨盤と泌尿生殖の専門家として『出産後ケア』の講習会などを行った。