小松ごろうの今後の課題点

僕は職人気質なので、

必死にオステオパシーの勉強して、トレーニングもして

患者さんの体も順調に改善したし、

「きっとこの人は技術に満足してくれてるんだろう!」

そんな風に思って、

でも、アンケートを見ると意外にも…

 

「ちゃんとお話を聞いて、丁寧に説明してくれたので満足です。」

 

って書いてあったりします。(そっちかーい)

 

魅力って実は他人が知っているもので、自分では知らないっていうこと、あるんじゃないでしょうか?

だから
✔自社の魅力が何か知ること
✔その魅力を育てること
✔その魅力を伝えていくこと

そういうのをやらなきゃなっ!!
と、この頃思います。

そこで今、勉強中なのが

『ブランディング』

ブランディングウェブ戦略専門家の草間社長は、著書でこのように言っていました。

引用:「自分1人、1日でできる パーソナルブラ ンディング」より

“どんな魅力的な独自の価値を提供するのかを明確にし、創造し、浸透させ、守り続けていくことが「ブランディング=魅力創造活動」です。”

この本を見ると、
魅力を発見して、伝えるための

自分に合った配色、香り、ブログ、SNSの使い方、プロフィールの書き方…

などが詳しく書かれているので、少しずつ実行していきたいです。

誰かの役に立ちそうならシェアお願いします。

ABOUTこの記事をかいた人

小松 ごろう

ココから整体代表 / 柔道整復師 / メディカルトレーナー  フランスのカリキュラムを修了し、骨盤が関係する痛み、泌尿器、婦人科の問題に特化した施術をスタートさせた。(Nicette Sergueef;小児オステオパシーコース修了、Dr. Jérôme BAPTESTE(仏);泌尿・生殖(膀 胱、子宮、卵巣、卵管、前立腺)コース修了) また妊娠中の痛み、逆子、産後の腰痛、恥骨痛、尿漏れなど産科的な問題も研究し、長野県立こども病院では骨盤と泌尿生殖の専門家として『出産後ケア』の講習会などを行った。