産後にある股関節の違和感やポキポキの原因と対処法

ドラゴンボールのギニュー隊長は体を入れ替える技をつかい、戦闘力18万の悟空の体をゲット。さっそくウキウキで戦闘力を測ってみましたが、

ギニュー隊長:「この俺の戦闘力はいくつだ!」
部下ジース:「2万3千ですが。」

たった2万3千しか出せなかったのです。なぜでしょうか?

急に変化した体を使いこなすのは難しいのです。それがエリート特殊部隊の隊長であってもです!ちょっと何言ってっかわからない人はいつも通りスルーして下さい!

またスポーツ選手が筋力増強してからパフォーマンスが低下するなんてこともよくあります。
変化した体を上手く使うのは簡単なようで難しい。時には違和感を伴います。

特に妊娠するとたった10ヶ月の間にめまぐるしく体は変化します。
そんな話です。

さて先日、このような方が来院しました。

産後の股関節の違和感 原因は??

安曇野市在住の30代女性、出産後から右の股関節の違和感がハンパないとのこと。痛みではないが、抜け感、ズレ感、ぐにゃ感、ポキポキ感みたいな感じらしい。

出産直後にこうなる方、けっこう多いのではないでしょうか?だいたい産後10週前後で自然に治るんですが、続く場合がやっかいなんです。

この方の場合は妊婦さん骨格を修正することで、股関節の違和感が改善し安定してきました。

妊婦さん骨格って何?

妊娠すると体には様々な変化が起きますよね?お腹が大きくなる、ホルモンバランスが変わる、などなど。

お腹が大きくなり重くなると、今までのバランスとは異なるので自然と骨格のバランスも変化していきます。

妊婦さん骨格の特徴として腰が反って、背中が丸まり、骨盤は前に傾き、深くお辞儀したような状態になります。

妊娠中期あたりからこのような妊婦さん特有の骨格になっていき、産後10週ほどでまた元の骨格に戻るのがよくあるパターンです。

通常妊娠通常

通常骨格→妊婦さん骨格→出産→通常骨格
という変化の中で、股関節も大きく影響を受けます。

では股関節の前に骨盤の変化から見ていきましょう。

妊婦さん骨格では骨盤がお辞儀する

YOTA93_syazaisuru15124217_TP_V

通常でも骨盤は34°前に傾き、軽くお辞儀しています。しかし妊婦さん骨格では骨盤はより前に傾き、深々とお辞儀したような角度になります。

仙骨角度妊娠通常

 

股関節の位置も変わってくる

骨盤には股関節の骨である大腿骨がはまっています。したがって骨盤の角度によって股関節の位置が変わります。

股関節妊娠通常

つまり妊婦さん骨格では股関節の位置も今までとは違うってわけ。

これは妊婦さんにとってはバランスをとるための必要な変化です。最適な骨盤の角度であり、最適な股関節の位置なので異常ではありません。
さて問題はそのあと、
出産するとお腹の重さが無くなりますよね?つまり重心やバランスがまたもやガラッと変わります。ところが骨格や姿勢は、産んですぐにもとに戻るわけではありません。8~10週ほどかけて戻るわけです。
つまり股関節の位置も8〜10週かけて変化していくのです。この期間にとても違和感を感じます。まあ10週で戻ってくれればまだいいのですが、戻らないとずっと違和感が続くのです。

産後の股関節の違和感、ポキポキ 対処法は??

出産後6週以内の方

骨盤ベルトをして骨盤と股関節を安定させましょう。効果的な巻き方はこちらをチェックしてみてください。

出産前に知っておきたい!骨盤ベルトの超効果的な巻き方

2016.02.25

産後6週以降の方

骨盤の深いお辞儀→軽いお辞儀に修正する体操を1つ紹介しましょう。

  1. 仰向けに寝た状態から両膝を立てます。足の裏全体を床に付け、足と足はこぶし1個分開けてください。また膝と膝の間もこぶし1個分開けます。
  2. 腰を持ち上げて、両手で骨盤を持ち矢印の方向に回転させそのまま床に置きます。
  3. この状態から2分間深呼吸を繰り返します。

ゆりかご1
モデルはStudio♥I lie先生

さいごに

たいていの方は出産後も妊婦さん骨格が戻らず続く傾向があります。なぜかというと抱っこです。

お腹の中から重さがかかるか、外から重さがかかるかの違いだけで、体の前方に重さがかかる事に変わりないのです。

妊婦さん骨格が解消されないままだと股関節のグラつきの原因となり、グラついた股関節で生活を送っているうちに、関節に細かい傷を作ります。

この傷を何年、何十年蓄積していくことによって関節が変形を起こす可能性があります。変形してしまうと元通りには治りません。

出産後、股関節に違和感がある方はぜひ早めに対策をとって関節をダメにしないようにしましょう!

誰かの役に立ちそうならシェアお願いします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

小松 ごろう

松本市で自由診療を行いながら、一般向け、医療関係者向けの講義も行っている。専門科目は骨盤、頭蓋骨、小児筋骨格。 ココから整体代表 / 一般社団法人 長野県ライフコンサルティング協会代表理事 / 柔道整復師 / メディカルトレーナー