頚部の筋膜【ノート】

首の痛みがある方で食道に問題があるケースが多いです。

首には何層かの筋膜があり、首にある器官を支えたりバランスを維持したりしています。


気管前葉という筋膜は甲状腺、気管、食道を包む筋膜。したがってこれらの臓器で発痛物質が広がれば侵害受容器が興奮し、首に張り感や痛みが放散されるでしょう。

20140521-141913-51553639.jpg 20140521-141914-51554025.jpg

20140521-141913-51553016.jpg
キース.L ムーア /アーサー.F デイリー臨床のための解剖学

また気管前葉は脳血流にも影響を与えている可能性があります。
臨床的にも逆流性食道炎の方が頭痛やめまいを訴えるケースによく出会います。
食道を包む気管前葉は頸動脈、静脈、迷走神経を包んでいる頸動脈鞘に癒合しています。
気管前葉からの炎症メディエーターは頸動脈鞘に伝達され迷走神経を刺激。すると迷走神経反射が亢進し、フラつきが起こってしまいます。

誰かの役に立ちそうならシェアお願いします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

小松 ごろう

松本市で自由診療を行いながら、一般向け、医療関係者向けの講義も行っている。専門科目は骨盤、頭蓋骨、小児筋骨格。 ココから整体代表 / 一般社団法人 長野県ライフコンサルティング協会代表理事 / 柔道整復師 / メディカルトレーナー