肩のダルさ、手のしびれ 〜親指のズレのせい〜

50代立ち仕事の女性。
座っていると肩がダルくなり、手にもしびれが出るとのこと。また、手をあげていると症状がやわらぐようです。

検査や触診で調べてみますと、親指のあたりに悪いものがありそうです。

聞いてみると親指を曲げると痛みがあるそうで、気になっていたとのこと。
親指の関節を調整すると、曲げても痛くなくなりました。と同時に、肩のダルさ、手のしびれも改善しました。

なぜ親指が肩のダルさ、手のしびれを招いたのでしょうか?
肩から手先までは神経が通過しています。神経は若干弾力があって、ひも状になっています。今回は親指あたりに神経の引っかかりが出てしまって、神経にうっ血(むくみみたいなの)を起こしてしびれになってしまったと予想します。
また親指で引っかかった神経が肩の方までテンションがかかりダルさになってしまったのでしょう。手をあげいると楽だと言っていましたが、あげていた方が神経のひもに緩みが出るからです。

誰かの役に立ちそうならシェアお願いします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

小松 ごろう

松本市で自由診療を行いながら、一般向け、医療関係者向けの講義も行っている。専門科目は骨盤、頭蓋骨、小児筋骨格。 ココから整体代表 / 一般社団法人 長野県ライフコンサルティング協会代表理事 / 柔道整復師 / メディカルトレーナー