運転後に腰が痛い〜左肘がよくなかった〜

先週末に4時間ほど運転したら腰が痛くなってしまったという会社員女性。
座っていると痛みがあり、寝ているだけでも痛みがあるとのこと。

骨盤のあたりに大きな緊張があり、調整してみましたがあまり効果がありません。他に悪いところがないか検査、触診していくと左の背中あたりに悪いものがありそうです。

左のあばら骨を調整することで痛みが無くなりました。でもなぜあばら骨が腰の痛みを起こしてしまったのでしょうか?

あばら骨は腹筋を通じて骨盤に継っているのです。よってあばら骨のゆがみから腹筋と骨盤のバランスが崩れます。
IMG_3218.JPG
聞いてみると、運転中ずっと左の肘をついていたらしいので、腕や肩を介してあばら骨がゆがんでしまったのでしょう。

誰かの役に立ちそうならシェアお願いします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

小松 ごろう

ココから整体代表 / 柔道整復師 / メディカルトレーナー  フランスのカリキュラムを修了し、骨盤が関係する痛み、泌尿器、婦人科の問題に特化した施術をスタートさせた。(Nicette Sergueef;小児オステオパシーコース修了、Dr. Jérôme BAPTESTE(仏);泌尿・生殖(膀 胱、子宮、卵巣、卵管、前立腺)コース修了) また妊娠中の痛み、逆子、産後の腰痛、恥骨痛、尿漏れなど産科的な問題も研究し、長野県立こども病院では骨盤と泌尿生殖の専門家として『出産後ケア』の講習会などを行った。