膝の痛みは内臓から?

右膝を曲げるときに痛いという女性。
階段を登るときや、立ったまま靴下を履くときに痛みがでるとのこと。

膝が痛い原因は

検査をしてみると背中のあたりで悪いものがありそうです。(膝そのものはあまり問題がありませんでした)
ちょっと気になったので「お腹の調子は?」とたずねると
「そういえば昨日胃が痛かったです」との回答。
胃と腸の境目である十二指腸とその周辺の緊張をとってあげると膝の痛みが減ってきました。

なぜ胃とか腸が膝に?

この時期は天気や低気圧、湿度の影響で自律神経のバランスが崩れます。すると様々なところにうっ血(血の停滞)が起きます。腸は腸間膜という血管が豊富な膜にくっついています。腸間膜で血液の停滞が起こるとお腹の膜がねじれて骨盤もゆがみます。すると膝にも影響が出てきます。

20140709-000351-231897.jpg
グレイ解剖学 原著第2版

それにしてもここ最近は胃腸あたりを悪くする人が多いような気がします。

誰かの役に立ちそうならシェアお願いします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

小松 ごろう

ココから整体代表 / 柔道整復師 / メディカルトレーナー  フランスのカリキュラムを修了し、骨盤が関係する痛み、泌尿器、婦人科の問題に特化した施術をスタートさせた。(Nicette Sergueef;小児オステオパシーコース修了、Dr. Jérôme BAPTESTE(仏);泌尿・生殖(膀 胱、子宮、卵巣、卵管、前立腺)コース修了) また妊娠中の痛み、逆子、産後の腰痛、恥骨痛、尿漏れなど産科的な問題も研究し、長野県立こども病院では骨盤と泌尿生殖の専門家として『出産後ケア』の講習会などを行った。